柚太朗は英彦山なう!

山伏の歴史ある英彦山のふもと、彦山清流のほとりの柚子胡椒屋です♪郷土の歴史や柚子胡椒のことをつづっていきます。。

筑豊飯塚市で生まれた銘菓「ひよ子」

ひよこ2013


おとといの新聞に、飯塚の穂波工場が、今年3月に

リニューアルされた記事が載っていました 





そういえば、前に「ひよ子」のことを、

ブログに書いたことがありました。



 過去記事 2013年

  ↓

「飯塚のひよ子」



いつか穂波工場に見学に行ってみたい







数ヶ月前のこと。

長崎まで行く途中の高速道路のサービスエリアで

偶然、実演販売しているのを見かけました。



今まで、頻繁にサービスエリアに立ち寄ってきましたが

初めてでした。




スマホの写真を残していましたので

紹介したいと思います。







2017ひよこ3


「ひよ子 実演販売中」





2017ひよこ1


ガラスに反射して写真が見えにくくて

すみません。




幅1メートル位の、ガラスの張りの出張工場というか

出店というか、そこで作られていました。


珍しい。


穂波工場に行けませんでしたが、

ミニ工場って感じです。



生まれたてのひよ子が並んでいます。


            



本物の工場では、横16列の隊列で、ベルトを流れていくそうです。

それを前述の記事の新聞の記者さんは、

「行進」と表現されていた!

さすが




このサービスエリアのミニ工場は、

そういう設備は難しいので、

ひよ子達は、オーブンの下、じっとしていました(笑)

(記者さんのように素敵な表現がしたいのですが、これが精一杯~)



2017ひよこ2


この日は、大きなひよ子もいました。

(写真右手)

普通サイズの約五倍らしいです。



2017ひよこ4


ひとつずつ手で作られていました。


周りに人だかりが出来き、

視線をいっせいに浴びた職人さんは、

ニコニコしながらも、あっという間に鮮やかな手付きで

ひよ子をどんどん作り出していました。




              


~ひよ子本舗 吉野堂さんについて~


筑豊飯塚は、もともと長崎街道(シュガーロード沿いにあり、

お菓子作りが盛んでした。




大正時代に生まれた「ひよ子」。


炭坑で働く人たちに愛され

東京オリンピック開催と新幹線の大幅開通で

日本が、急成長し始めた時代に関東にも工場が建設されました。




「吉野堂物語」

くわしいお話 ↑ (読み応えあります



そういえば、今放送中の朝ドラは、

ちょうど、ひよ子が、九州から関東に進出した

日本高度経済成長時代が

舞台になっています。



その名も「ひよっこ」ですね♪

こちらの「ひよっこ」の主人公みね子は、茨城出身。




yjimage[3]

NHK 公式サイト 「ひよっこ」







主人公の有村架純ちゃんかわいいです。

奥茨城の方言が、なんとも愛らしいです。





西の九州からひよ子が、そして日本全国のひよっこが、

東京に集まったのでしょうね。




                 


















これは、柚乃香のご注文ですww  ↓

柚乃香商品のご注文はこちらからどうぞ
文字をクリックするとご注文サイトにリンクします。

川と柚乃香 - コピー





調味料通販ランキング

調味料通販ランキング



地方特産物【九州】



mini_c.gif
バイヤーズショップ







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト