柚太朗は英彦山なう!

山と川に囲まれた福岡の自然の中で暮らしている柚子胡椒屋の嫁です♪英彦山や筑豊のこと、ゆずごしょうのことを中心に紹介してています。

*お断わり

前回の赤村のお話(内田三連橋梁と油須原駅)の

つづきは、次の機会に載せたいと思います








先週末、英彦山の参道にある

松養坊(しょうようぼう)にお邪魔しました。


チェロコン5


英彦山の参道沿いにある山伏坊です。

かつては漂白の俳人「種田山頭火」が、二度宿泊しています。


過去記事 (2011.8月) 
    ↓

「英彦山の松養坊①」
「英彦山の松養坊②」
「英彦山の松養坊③」



チェロコン6

門の前の石の参道。

去年、田中陽希さんが「日本百名山」の番組で

ここを歩かれ、英彦山に登山された折

山頂までずっと石段が続く、このような場所は

他にないと言われていました。







チェロコン7

この日、夕方からチェロのコンサートが開かれました。

おせんべい&お茶のお土産付き。






コンサートは、外が夕暮れがかる頃

奥の間の祭壇の前で始まりました。


チェロコン1



吉川よしひろさんは、片耳聴覚障害を持っておられるます。

それを補う為に、編み出された一人チェロパフォーマンスで、

国内外で大活躍されている方です。


バッハのクラッシックから、映画音楽

(ニューシネマパラダイス、スタンドバイミー)、

シャンソン、タンゴ、昭和歌謡(黄昏のビギン)、竹田の子守唄、他、、、

幅広い演奏でした。


宮沢賢治 「雨ニモマケズ」の東北弁での朗読もありました。

吉川さんが、セロ弾きのゴーシュの主人公に重なって見えました。



英彦山の静かな静かな夕闇の中、

響き渡るチェロの深い音色が

全身にズーーン伝わってきて、二度とない時間を過ごせました。



演奏の間のお話もおもしろく、

「ヨーヨー・マ」のように弾けませんが、

自分は、「マーマー・ヨ」(まあまあよ。)と言われたり

ある番組のオファーが決まる時、返事がなかなかこなくて

まさか○○河内に似てるからだろか、、、と言われたり

ドッと笑いが起きていました。

(個人的には、ダイヤモンド☆ユカイさんに似ていると思いました。)





そして、楽しみにしていたのが、ここで振舞われたお食事です。

「いただきます(乾杯)」は、

松養坊、16代当主の松養(まつがい)榮貞さん

ほら貝の音が合図です!!

(コンサート開始の時にも吹かれました。)


チェロコン3





このおいしそうなご馳走の数々を見てください

チェロコン2
チェロコン4

具だくさんの豚汁、たけのこの煮物、こんにゃくの刺身、

炊き込みごはんのおにぎり、、、、書ききれません。

サンマは、骨まで柔らかく煮込まれていました。





松養さんご夫妻は、英彦山の活性化の為に

こういった催しをされています。



柚子胡椒の仕込みのシーズンに入っていた為

この日の予定が立てられなかった私は、

二日前にギリギリ申し込んで滑り込みにもかかわらず

キャンセルがちょうど出たところに、こころよく受け入れてもらいました。



たくさんの人が集まって来られているのを見て

松養さんご夫婦のお人柄にみなさん引き寄せられているんだと思いました




ひとりで行っていたので、食事の時どんな感じかな~と

ちょこっとだけ心配しましたが

隣に座ったいた春日市からこられていたIさんと

初対面にもかかわらず、すぐ打ち解けました




帰りは、八時過ぎてまっくらな闇の中でした。

ちょうど一緒になった人が

懐中電灯で足元を照らしてくれました。

あたたかな気持ちで駐車場までたどり着き帰りました。





松養さんは、明治の頃、時代の流れで

英彦山を多くの人が降り、コンサートはその鎮魂にと言われていました。


私も、長い歴史を持つ修験道の山、英彦山の住んでいた人達、

自然も生き物もきっとチェロの美しい音色に

心がおだやかに鎮められたことだろうと思いました。






「吉川よしひろさんオフシャルサイト」
 
↑キャンピングカーで全国を回られています 































柚乃香商品のご注文はこちらからどうぞ
文字をクリックするとご注文サイトにリンクします。

川と柚乃香 - コピー





調味料通販ランキング

調味料通販ランキング



地方特産物【九州】



mini_c.gif
バイヤーズショップ







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村



続きを読む
スポンサーサイト
近所の彦山郵便局に行ったら

局長さんから、林さん英彦山の切手が発売されてるの知ってますか?と

言われましたが、知らなかったので見せてもらいました。

福岡県の風景が、春夏秋冬分かれて切手になっていました。

s-ヒコサンキッテ1 - コピー


「英彦山神宮、銅の鳥居」 この場所ですね。

sヒコサントリイ2 コピー

(2013年 4月撮影)



春は、北九州市の小倉城と桜

夏は、朝倉市の三連水車と赤いカンナの花

秋は、柳川市の川下りともみじ

冬は、わが添田町の英彦山神宮、銅(かね)の鳥居と冬景色でした




これは、買うしかありませんね~と言って購入しました


s-ヒコサンスタンプ - コピー

郵便局には、風景印という絵入りの消印があって

彦山郵便局の風景印は

やっぱり、英彦山神宮、銅の鳥居でした!

後ろは、英彦山神宮の上宮かな?


切手マニアの人から、彦山郵便局宛に

返信用封筒が入った郵便が送られてきて

この切手を貼り、風景印を押して返送して下さいと

連日、お手紙が届いたそうです。


風景印は、全国の郵便局の約半数が持っていて

その土地ならではの絵が、彫られています。


最近はメールが多くなって、手紙は珍しいかもしれませんが

窓口で、郵便を出す時、「風景印をお願いします。」というと

押印してもらえるそうなので、送られた相手にとって嬉しいかもしれませんね。

個人で集めるのも楽しそうですね。



全国の風景印について
   ↓

風景印ー日本郵便

風景印とは?

   ↑ なかなかおもしろいです。



三月に行った柳川市の「日子山神社」のことを

載せたいと思います。

s-ヤナガワヒコサン1 - コピー

干潟の海岸が神社の反対側にありました。


s-ヤナガワヒコサン2 - コピー

この日は、福岡県内や佐賀県鳥栖市の

英彦山(彦山 日子山)神社を何箇所もめぐっていたので

筑後、柳川市に着いた時は、夕暮れに差し掛かっていました。




s-ヤナガワヒコサン3 - コピー

英彦山神社(添田町 現在の英彦山神宮)から

歓請(分霊)した碑が建っていました。


s-ヤナガワヒコサン5 - コピー

鳥居に「日子山神社」と書かれた額がありました。

かわいいデザインです。


s-ヤナガワヒコサン6 - コピー

日子山神社由来

しっかり「天文12年(1543年) 豊前の國英彦山神社から

歓請したる社」と書かれています




英彦山神宮は、

御祭神が天照大神(伊勢神宮)の御子、天忍穂耳命であることから

「日の子の山」即ち「日子山」と呼ばれていました。

英彦山神宮は、「日子山神社」→「彦山神社」→

「英彦山神社」→「英彦山神宮」へと変わってきた歴史があり ます。





 豊前国は、

福岡県北九州市の東側(小倉北区・小倉南区・門司区)、

筑豊地方の東側(田川市・田川郡)、京築地方の全域を中心に、

大分県北部(中津市・宇佐市)が領域です。(添田町=田川郡の中のひとつです。)


s-ヤナガワヒコサン4 - コピー


日子山神社風流というお祭りが、10月10日に

五穀豊穣と柳川当主への感謝として

受け継がれ、行われているようです。


日子山神社

福岡県柳川市古賀246


                            
 

あと三つほど、まだ載せていない

英彦山神宮に関係してると思われる日子神社、彦山神社が

あるのですが、行ってから時間がたってしまい

写真がわけわからなくなってしまいました

やっぱり、すぐやらないといけません~

整理してから、アップしたいと思います
英彦山神社(彦山神社 日子神社)探訪

昨日の続きです。


その日、日田市大山町の「日子神社」に続いて

さらに竹田市に向かってみました。


「彦山神社」とはっきりかかれた

赤い縁の看板がありました。

s-ヒコサンジンジャ タケダ-4 - コピー

鳥居

s-ヒコサンジンジャ タケダ-1 - コピー

ここも坂の階段ですが

今度は、ゆっくり上がってみました。

s-ヒコサンジンジャ タケダ-3 - コピー

崖下の険しい地形の下に

祠がありました。


「彦山神社」

大分県竹田市炭竈(すみかまど)269

竹田市 写真ニュース


1月に、「どんど焼き」が350年以上行われ

無病息災、五穀豊穣を祈られているようです。



途中、熊本の阿蘇を通りました。

s-アソ1 - コピー

新緑がきれいでした。

s-アソ2 - コピー

お昼を食べにお店に入りました。

s-アソ7 - コピー

かわいい店内です。


s-アソ3 - コピー

高菜チャーハンを食べました。


s-アソ4 - コピーs-アソ6 - コピー

赤牛丼セット(夫)


s-タカナマン - コピー

帰りは、小石原で高菜まんじゅうを

買って帰りました。


ゴールデンウィーク前、大分と熊本に

英彦山神社(彦山神社 日子神社)探訪へ行きました。

s-オオヤママチマンホール - コピー


大分県日田市の大山町へ。

ここには、大山町農協が作られた有名な

木の花ガルテンのオーガニック農園というバイキングがあります。


大山町は、「梅栗植えてハワイに行こう!」というキャッチフレーズの運動で、

全国で最も住民のパスポート所持率が高い町です


2000年にオープンした野菜中心のバイキングも

当時は珍しくて、「梅栗植えて~」と共に

先鋭的な取り組みが、よくテレビで紹介されていました。



バイキングに入りたかったのですが

寄らなかったので、せめてマンホールのふたの写真を

写して帰りました。



s-ヒコサンジンジャ オオヤマ1 - コピー

日子神社に到着しました。

大分県日田市大山町西大山

ヒコサンジンジャ オオヤマ2 - コピー

ヒビが入っていますが、「日子神社」と書かれています。


英彦山神宮は過去、日子山→彦山→英彦山

漢字の表記を変えて来た歴史があり

英彦山山伏は九州一円を廻っていたので

ここも、おそらく添田町の英彦山神宮と

関係があるのではと思われます。


急な坂を上がるのが、自信がなかったので

ここで待っていましたが

夫がいうには、小屋のようなものがあったそうです。





そして、今度は熊本の阿蘇方面に移動しました。 



途中、こんな場所がありました

s-オトコハツライ-2 - コピー

「男はつらいよ」のロケ地

田の原温泉という場所です。


s-オトコハロケ-1 - コピー

シリーズの21作目 『男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく』

マドンナは、木の実ナナで、

武田鉄也も出演してる回です。


今、毎週土曜日に寅さんが放送されているので

今度、この回が出た時、観るのが楽しみです