柚太朗は英彦山なう!

山と川に囲まれた福岡の自然の中で暮らしている柚子胡椒屋の嫁です♪英彦山や筑豊のこと、ゆずごしょうのことを中心に紹介してています。

田川郡 香春町(かわらまち)の

町の由来を前回紹介させて、いただきました。


「春らしい名前 香春町」


福岡地図 - コピー - コピー





今回は、香春町役場前にある

「山頭火遊歩道」を歩いて来ました。


三月の日曜日、役場に車を停めて、歩道橋を渡りました。


2017カワラ2

右側にそびえる山が、香春岳です。

良質のセメントを採集されていました。

頂上が削られ、平たくなった山の下に

旧日本セメントの施設が写っています。


2017カワラ1

石灰石を運んでいたコンベアのようなもの。

写っている道、向かって左が「国道201号線」

右が、「国道322号線」、真ん中に流れる川が、「金辺川(きべがわ)」です。




サントウカドウ-1


歩道橋を降りて、川沿いに遊歩道があります。

ユウホドウ14

国道201号線に沿っています。





ユウホドウ7

種田山頭火は、田川の炭鉱医師、木村緑平を

たびたび訪れていて、香春町も行乞し

香春町にちなんだ句を多く残しています。





ユウホドウ3

① 「香春晴れざまへ 鳥が飛ぶ」





ユウホドウ2

② 「みすぼらし影とおもうに 木の葉ふる」





③ 「谺谺(こだまこだま)するほがらか」

   (写真なし 撮り忘れ)





ユウホドウ13

④ 「香春をまともに乞ひ歩く」





ユウホドウ9

⑤ 「香春へ日が出るすずめの子

    みんな東に向く」  (木村緑平)





ユウホドウ12

木村緑平について

炭鉱の病院で働く内科医で、

放浪の旅をする山頭火を経済的、精神的に

援助していたそうです。






2017カワラサル

香春岳には、野生のニホンザルが住んでいるので

近くの橋には、お猿さんのオブジェがありました。






ユウホドウ10

⑥ 「すくい上げられて小魚かがやく」




ユウホドウ8

⑦ 「鳴きかわしては寄りそう家鴨(あひる)」




⑧ 「枯木かこんで津波蕗(つわぶき)の花」
   (写真なし)



ユウホドウ5

⑨ 「ふりかへれば香春があった」





ユウホドウ6

⑩ 「あるけばきんぼうけ
    
   すわればきんぼうけ」




ユウホドウ1

一般の方の句も、ありました。

「生きてよと淡い希望によりすがり
 
 医師の言葉が最後を告げる」


「戦争の最後の手段核兵器
 
 使えば終る 世界が終る」


 二句目は高校生が作った句のようです。



一ヶ月以上前に、写真を撮って来ましたが

ブログを作っていて、今、文字を打ちながら

考えさせられてしまいました。

どうか平和なままでと祈るばかりです。






山頭火の句は、難しいことばではなく

すとんと心に入って、響くようです。



田川にやってきて、歩きながら

香春の風景や自然を詠んだ山頭火。

そのまなざしを、身近に感じた気がしました。



同じ風景が、ずっと続いて欲しいです。












柚乃香商品のご注文はこちらからどうぞ
文字をクリックするとご注文サイトにリンクします。

川と柚乃香 - コピー





調味料通販ランキング

調味料通販ランキング



地方特産物【九州】



mini_c.gif
バイヤーズショップ







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
きょうは、添田町のお話です。




福岡地図 - 添田





添田町の上町下町の場所は、県道34号線から、

いっぽん東に平行する道です。

(添田町役場方向より、商工会や郵便局の前を通り突き当たると

34号線に合流します。)



位置的には、添田公園の北やや西になります。



主な通りは、中村醤油屋さんの通りから左折し、伊原方面へ向かうと

再び34号線につながる道です。


今は周りを取り囲む道が、少し変わっているようですが

その近辺も含まれると思います。






江戸時代、小倉から天領代官所、日田(大分)に

通ずる道路として、また英彦山参詣の休憩所として

商店が立ち並び、栄えていきました。





大正時代には、立派な洋館造りの田川銀行があり、

他に吉井銀行、添田銀行など、三つも銀行がありました。



荒物屋、しょうゆ屋、酒屋、呉服屋、薬局、質店、銭湯

下駄や、飲食店、理髪店、写真館など100店近く並んでいて

商店に荷を入れる馬車がひっきりなしに通っていたようです。




往還を二筋の川が横切り、上が清水川、下が不動川で

川が町を三つに区分し、上町、下町、下の原と呼びました。




ナカシマケ2


「中島家住宅」 国重要文化財



中でも、特に「中島家住宅」は、“綿屋(わたや)”の屋号でお酒やしょうゆ、

ハゼ蝋の製造販売をしていた大きな商家でした。




ナカシマケ1

土蔵造りや間取りなど、その当時の商家の特徴がよく残っている貴重な建物です。



中島家住宅
詳しい情報↑(マップあり)

中島家沿い、南北につながる道が上町、下町、下の原です。



ホウコウジ

上町の「法光寺」



ホンマチバシ

上町と下町の堺となる「本町橋」


この橋の北西のたもとに、長崎グラバー邸を思わせる

ガラス戸をめぐらした添田警察署があったそうです。



橋を渡って左手には、永楽座という大きな劇場があり

芝居や文楽、映画をやっていて、

さらに進んだ下町筋の広場には、サーカスや大相撲が来ていたそうです。





昭和61年発行の郷土史に大正時代の華やかな

添田町の上町下町を回想されたものが載っていました。


記事を参考にしましたが、特に印象的だった部分を

紹介したいと思います。



世の緊急を告げるにあたっては、ラジオもテレビも無い時代、

新聞社が号外を出し、腰の鈴を激しく揺さぶり

「号外、号外」と小さなビラをまき走ってゆく。



夕暮れは、九州電気(原文のまま)が来て

電柱の紐をひっぱり、外燈が町につく。


それから、あんまさんが出てその人が吹く笛が

夕闇のしじまに響く。



冬の道路は固く、バラス(砂利)を敷いた道路は人や馬でなお固められる。

寒さにかじかんで石のように固くなる。


大戸の向こうを人が通り、カラコロカラコロ、

朴歯の下駄は音が高い。



またひとり来て、また去っていく冬の音楽である。

お寺帰りであろうか、木戸の障子貼りのむこう

話し声がして、提灯の灯りがぼーっと障子を照らし消えてゆく。



いきいき描かれていて

まるで、映画をワンシーンを観ているように

感じました。




ソエダカミマチ2017


今は、街並みがすっかり変わり

ずっと詳しく知らず、静かな住宅街とばかり思っていました。



その土地の歴史を知れば、確かにそこにあった人達のぬくもりや

店でのにぎわった行き交う声、荷馬車のがらがらという音が

聞こえてくる気がしました。


郷土史はやっぱりおもしろいです。




 追記

このことを調べるようにして、近くに行く度に、

ここを、徒歩やゆっくり車で何度も通ってみました。


それまで気が付かなかったのに、改めて発見したのは

日本家屋のお宅や数奇屋門と呼ばれるしっかりとした門の

存在感のあるお宅が何件か残っていて、あらためて

当時のことを感じた気がしました。


時間が巻き戻って、見れるなら見てみたいと思う風景があります。

昭和30~40年代の田川市や

江戸時代の英彦山の宿坊、

そして、大正時代の添田町上町付近ものぞいてみたいです。












参考文献 :郷土史そえだ 第12号
       :添田町史 下巻























柚乃香商品のご注文はこちらからどうぞ
文字をクリックするとご注文サイトにリンクします。

川と柚乃香 - コピー





調味料通販ランキング

調味料通販ランキング



地方特産物【九州】



mini_c.gif
バイヤーズショップ







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村




きょうは、柚太朗の住む添田町(そえだまち)にある石碑を紹介したいと思います




福岡地図 - 添田

添田町は、福岡県の中央部、東で、

お隣の大分県に接しています。



キムラサンバ1

添田小学校の道を挟んだ東側、添田東区の旧道側

一方通行の道を歩いていきます。


キムラサンバ4

お昼前の光の加減で

字がほとんど写真に写っていませんが

「木村益女碑」と書かれています。


キムラサンバ5

↑ 拡大  うっすら「木村」という字が写っています。


キムラサンバ2

「明治三十二年(?)九月建」

「木村権七妻」


木村権七さんという方の奥さんだったのでしょう。




キムラサンバ3

裏に「孫中」の文字。


 孫=とりあげてもらった人のこと

   親しみを込めて、自分たちのことを「洗い孫(あらいまご)」または、

   「孫」と言っていたらしいです。



お産婆さんとは、職業的なものではなく、

経験のある器用で経験を積んだ人がそう呼ばれていたようです。


産気づくと呼ばれ、お産の時、中心となってお世話をしていました。




他にも、添田町内には、ところどころにお産婆さんの石碑があるらしく、

これは、その中で最も古いものです。


孫の人達(とりあげてもらった人)が

生前の供養として建てたらしいです。




今の時代より、医療の発達していない頃、

助産は、まさにお母さんと赤ちゃんともに命がけの一大事にかかわる大切な役割で 

また、「取り上げ親」として赤ちゃんと儀礼的な親子関係も

出産後に、続いていたようです。




その頃の格好が、着物をたすき掛けと前垂れなのか、

もうかっぽう着が、流通していたのかどうかわかりませんが

ピシッと着て、髪をきりっとまとめて

町内のお産に忙しく呼ばれ、お世話をこなす

女性を思い浮かべてみました。




信頼が厚く、家族同然に慕われていたのだなあと

春のはじめのあたたかな陽射しを受けた大きな石碑を

まぶしく見上げて思ったのでした。





                


(昭和17年 国民医療法制定 助産婦に改称)
(平成14年 助産師に改称)






 参考文献 「添田町史」、「郷土史誌 そえだ」 








































柚乃香商品のご注文はこちらからどうぞ
文字をクリックするとご注文サイトにリンクします。

川と柚乃香 - コピー





調味料通販ランキング

調味料通販ランキング



地方特産物【九州】



mini_c.gif
バイヤーズショップ







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村










三日前、福岡のローカル番組で

「バカリズム&小峠の僕らも福岡芸人だ」が放送されていました。



福岡の芸人さんというと、博多華丸&大吉さんのイメージが強いですが、

バカリズムさんと小峠さんも福岡のご出身で田川生まれです。




バカリズムさん→田川市(たがわし)

小峠さん→田川郡大任町(たがわぐんおおとうまち)
    です!






おふたりは、学ラン姿で田川市の後藤寺(ごとうじ)を歩かれていました。

(その後、福岡市に移動)





福岡地図 田川

田川市は、福岡県の中央やや東に位置。





後藤寺のターミナル会館に行かれてたので

私も近くまで行ったので、あらためて寄ってみました。



2017ゴトウジエキ

JR九州 日田彦山線の後藤寺駅に車を止めて出発


2017ゴトウジ-1

歩道橋を渡ります。

(歩道橋を歩くの超ひさしぶり)



2017ゴトウジ-5

左手に見えるのが、ターミナル会館です。



2017ターミナル

レトロな雰囲気です。

昭和34年に、民間から西鉄バスが引継ぎ

かつては映画館やレストランもあったそうです。


ここ田川が炭鉱の街として、賑わいがあった頃は

多くの人であふれていたことでしょう。




2017ターミナル-2

ここを上がったところに映画館があったようで、

1959年(昭和34年)から1988年(昭和63年)まで

映画館「ターミナル会館」が営業していたらしいです。



700席もある大きな映画館だったそうで

今、そこはどうなっているんでしょうか?

入って見たい気がしました。






1960年頃、田川市郡だけでも25館も映画館があったらしく

建物として残っているのは、「ターミナル会館」だけです。


石炭産業の衰退と共に

急激に人口が減ってしまいました。






ターミナル会館すぐ前の「ホームラン軒」の奥さんも

昔と人通りがぜんぜん違うと寂しそうに言われてましたっけ、、、

「ホームラン軒」
↑過去記事 2012年




2017ゴトウジ-4

去年の9月までは、西鉄バスの発着場でしたが

廃止されて、ひっそりしていました。





2017ターミナル-3

中に近づけなかったので、ズームでこれが精いっぱい。



昔の映画の看板がずっとそのまま置かれているようです。

1981年公開 「スローなブギにしてくれ」

角川映画 1981年
監督 藤田敏八
原作 片岡義男
出演 浅野温子 古尾谷正人 山崎努


なんと36年前の映画、

写真は、主演の浅野温子さんだと思います。


主題歌を歌っていた、南義孝さんの

「Want you~~♪」という歌声が思い出されます。



下の映画はなんだろう?

わかりませんでした。













2017ゴトウジ-3

近くのお店、書店。

本の案内看板。

たぶんこれに田川の昔の姿が載っていると思います。


2017ゴトウジ-2

お店の人も高齢化のようで

ほとんどシャッターが閉まっていました。





2017ゴトウジショウテンガイ

後藤寺商店街。



かつては、たくさん人が行き交ったであろう場所。

大きいいなりずしを出すお店もなくなっている、、、。





冬の終わり、春を感じる陽気の中

少しの時間でしたが、田川、後藤寺を歩きました。

























柚乃香商品のご注文はこちらからどうぞ
文字をクリックするとご注文サイトにリンクします。

川と柚乃香 - コピー





調味料通販ランキング

調味料通販ランキング



地方特産物【九州】



mini_c.gif
バイヤーズショップ







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村




今日は、田川郡赤村にある「油須原駅(ゆすばるえき)」のことを

書きたいと思います。


福岡地図



去年、赤村に行った時に、駅へ寄りました。 



ユスバルエキ5



この駅は、前回ご紹介した「内田三連橋梁」と同じ

平成筑豊鉄道の田川線です。


へいちく路線図 - コピー


平成筑豊鉄道は、地元では、親しみをもって

「へいちく」と呼ばれ、ゆるキャラのちくまるくんが人気です



ユスバルエキ2





ユスバルエキ1

明治28年開業

筑豊炭田の石炭の積み出しや輸送などを

おこなってきたようです。




ドラマ『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』のロケ地です。

主人公のボクが、上京する時旅立った駅です。



原作は、リリー・フランキーさんの

半生を描いた長編自伝小説です。



リリーさんは、北九州市(福岡県)で生まれ、その後中学卒業まで

宮若市(同県)で過ごされています。


赤村は、北九州市、宮若市ともに

同じ筑豊炭田にかかわった所で

福岡県の中でも近く、関連があるので

ここがロケ地に選ばれたのかもしれません。


(※注 描かれている当時は、旧 宮田市→現在 宮若市)


トウキョウタワーホン

この本を読み、しばらくしてブログを始めた時から

載せたいと思っていたものの、

それから6年もかかってしまいました、、、(笑)




ユスバルエキ3

ロケのセットが残されていると聞きましたが、

それが元からあったもので、どれがセットなのか

わかりませんでした。



ユスバルエキ7

待合室




ユスバルエキ6

出札所



ユスバルエキ4

昭和の雰囲気が、残っています。

ここは、ロケ地なので場所は違いますが、実際の場所と近く

リリーさんが、旅立った35年ほど前と

ほぼ景色が変わってないんでは、と思いました。



ドラマ『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』は、

ドラマや映画かされています。



いろんな俳優さんが演じられてる中で、

ボク(主人公、リリーさん)→オダギリジョー、

オカン→樹木希林 が、

すごく本を読んだ時の自分のイメージと、

ぴったりだと思いました。



初めて来た油須原駅は、

哀愁のある絵になる駅でした。


















柚乃香商品のご注文はこちらからどうぞ
文字をクリックするとご注文サイトにリンクします。

川と柚乃香 - コピー





調味料通販ランキング

調味料通販ランキング



地方特産物【九州】



mini_c.gif
バイヤーズショップ







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村