柚太朗は英彦山なう!

山伏の歴史ある英彦山のふもと、彦山清流のほとりの柚子胡椒屋です♪郷土の歴史や柚子胡椒のことをつづっていきます。。

先週の水曜日、田川市に夜、用事があった帰りのこと、

大任町を通って、車を走らせておりました。


道沿いが、光り輝いていました。


2017オオトウイルミ3


せっかくなので、寄って行きました。


大任町の道の駅が、イルミネーションで

美しく飾られています。





2017オオトウイルミ4


毎年、飾りが変わっているようです。






2017オオトウイルミ2

にぎやか♪



2017オオトウイルミ1


「しあわせの鐘」を通っていく人が

鳴らしていました。







2017オオトウイルミ6

光が、落ちてくるようなしかけ。




ひとりで寄ったので、若干寂しさも

なくはないけど、まあいいか。




迫力があって、きれいでしたよ。

お正月過ぎまで、確か1月10日くらいまで

飾られていると思います。












柚乃香商品のご注文はこちらからどうぞ
文字をクリックするとご注文サイトにリンクします。

川と柚乃香 - コピー





調味料通販ランキング

調味料通販ランキング



地方特産物【九州】














ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村














スポンサーサイト
先週、川崎町の魚楽園に行きました。


2017ギョラクアキ1




ここは、水墨画で有名な雪舟さんが

応仁の乱の時、九州で待機していた時に

作られた庭園のひとつです。



11月いっぱいライトアップされています。






2017ギョラクアキ2


右側には、小川に水車が回っています。

流れる水の音が、さわさわと心地良いです。



階段に沿って、竹の灯篭が揺らめいていました。






2017ギョラクアキ5


建物に入ると目に入ってくる雪舟さんの絵。





2017ギョラクアキ6

いつみても囲炉裏のある風景は、いい感じ。





2017ギョラクアキ4

部屋に、何箇所かさりげなく飾られている

お花もすてきです。







2017ギョラクアキ3


いちばんの名所の風景。

雪舟庭園。



2017ギョラクアキ7

石灯籠も照らされて、優美でした。



ゆっくりコーヒーやスイーツがいただける

カフェスペースもありますが、

寄らずに帰りました。




帰り道、自販機でおしるこを買おうとしたけど

どの自販機も、この日に限ってみつからなかった~~。










柚乃香商品のご注文はこちらからどうぞ
文字をクリックするとご注文サイトにリンクします。

川と柚乃香 - コピー





調味料通販ランキング

調味料通販ランキング



地方特産物【九州】














ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村








去る8月のことです。


夏の終わりの夕方、

ママ友Yさんと

「魅惑のクイーン列車」に乗りました。



クイーンチラシ




平成筑豊鉄道 「へいちく浪漫号」貸切企画で、

田川のおかまバー『MAKAO』のママさんや

ほかのオネエさまとの二時間少しのプチ旅に参加しました


2017タガワイタエキ

「ミスターマックス田川伊田駅」に集合。



2017ヘイチク

こちらは、おなじみの黄色い車体、

キャラクターの「ちくまるくん」がポイントでかわいい。





2017ヘイチク2

この日乗りましたのは、特別列車「へいちく浪漫号」



クイーン6

中も豪華。





 スケジュール

田川伊田駅(出発)→油須原駅(休憩)→直方駅(休憩、折り返し)→田川伊田駅(終了)





2017クーンレッシャ2


インド料理 『ガネーシャキッチン』のスパイシーな

お弁当が付いてました。



2017クイーンレッシャ1

ママ友Yさん、 わたくし、 Lさん。



2017クイーンレッシャ3

わたくし&『MAKAO』のMママさん




2017ユスバル

「油須原駅」


前述の金髪のすてきなLさんは、

読書が好きと言われていたので、

ここは、リリー・フランキーさんが原作

『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』の

ドラマのロケ地ですよ、と教えました。





2017クイーンレッシャ5

列車の企画と楽しい司会進行されたNさん。

(* Nさんは、4月からご縁いただいてる若い女性です。)

りぼん姿、かわいい。







希望者の方は、メイク体験されていました。

普通の男性が、どんどんメイクされて

かつらをかぶられ、変身していく様子を

すぐ近くで見ました。








オネエ様たちは、生き方にぶれがなく

ポリシーがあって、覚悟があり

人間的に好きです。



この日も、サービス精神満点で

楽しい時間を過ごさせてもらいました。
















通販の場合→柚乃香商品のご注文はこちらからどうぞ
文字をクリックするとご注文サイトにリンクします。

○お問合せは、ブログ内左側、プロフィールのメール、電話、ファックスなどから
お気軽にどうぞ。



川と柚乃香 - コピー





調味料通販ランキング

調味料通販ランキング



地方特産物【九州】









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村


10日程前、テレビをなにげなく観ていたら、

「木綿のハンカチーフ」の誕生秘話が放送されていました。


1975年(昭和50年)に大ヒットした

昭和の名曲です。



モメンノハンカチーフ

都会に出て行った僕と地方に残る彼女の手紙のやりとりが

終わりに近づくにつれ、悲しい、、、

でも、太田裕美さんが、軽やかに歌い上げられ、

聴いた後、さわやかに感じます。



作詞の松本隆さんは、東京の方ですが

担当ディレクターの白川隆三さんが福岡県出身であり、

登場モデルの設定を、アドバイスされたそうです。



歌が誕生した3月に山陽新幹線の岡山-博多が開業し、

白川さんの故郷は、北九州市だそうで

本籍は、田川市とのことです。


この当時、田川筑豊炭鉱が、次々と閉山し

多くの人が、田川を離れて行った事を身近で見て

その様子を歌に投影したそうです。



「東へと向かう列車で」の部分は、九州から上京してく様子です。

*新幹線の上がり  博多駅の次は、小倉駅(北九州市)


福岡地図 田川






それで、歌詞の僕が、田川市の出身で

新幹線に乗るために小倉駅に行くには、

まず、JR九州(当時、国鉄)の

田川後藤寺駅か田川伊田駅から小倉駅に行かなければならないので、

「東へと向かう」、出発は、まず日田彦山線からスタートしたのでは、

と、思いました。


ヒタヒコサンセン



2017ゴトウジエキ

「田川後藤寺駅」 (たがわごとうじえき ・田川市)



2017タガワイタエキ

「田川伊田駅」 (たがわいたえき・田川市) 構内

ホームから、炭鉱の跡地に立つ

二本の煙突(ピンクの〇)と竪坑やぐら(紺の〇)が見えます。

三井田川鉱業所があった場所で、(昭和39年閉山)

現在は石炭記念公園になっています。





日田彦山線沿いには、ほかにも川崎町や添田町など

(どちらも田川郡)多くの筑豊の炭鉱が、大小ありました。







この当時、木綿のハンカチーフのような、

恋人達の多くのせつないドラマが、あったかもしれませんね。




































柚乃香商品のご注文はこちらからどうぞ
文字をクリックするとご注文サイトにリンクします。

川と柚乃香 - コピー





調味料通販ランキング

調味料通販ランキング



地方特産物【九州】









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村




四月も一週間を過ぎました。



今年は、全国的に桜の開花が遅れていて

福岡もなかなか満開になりません。




いつもだったら三月中に、とっくに花が咲いているのに。

気温の低さが関係しているのでしょうね。






香春町マーク - コピー_1




福岡県田川郡には、今の季節にぴったりな名前の町があります。

香る春と書いて、香春(かわら)町です。







福岡地図 - コピー - コピー


古くは、八世紀に書かれた「風土記」に、「香春町」が登場していて

町名の由来は古代朝鮮語だそうです。



当時、発展していた朝鮮半島や中国と密接な繋がりがあり、

この地は、当時最先端の文化を、取り入れていたと思われます


いまでいうと、日本の東京、イタリアのミラノ、フランスのパリではなかったかと

思います  




そして、奈良、東大寺大仏建立のため、採銅所の銅が使われています。

(香春町には、採銅所という地名が残っています。)




香春の語源は、カパル(急険な)カグポル(金)のほか

河原、鹿春、清河原、加波流、賀春、香原などと

地名のあらわし方は、変わってきたようですが、「香春」に落ち着いたようです。





香春岳 - コピー_1

五木寛之著 「青春の門」の冒頭に出てくる香春岳

「香春岳は異様な山である。決して高い山ではないが、その与える印象が異様なのだ。」

~「青春の門」 より


ここは、セメントの材料が採れる鉱山。






サントウカドウ-1


また、放浪の俳人 種田山頭火は、香春に立ち寄っています。

香春町役場前には、句碑が並んだ遊歩道があります。





次は、山頭火遊歩道を紹介したいと思います。






















柚乃香商品のご注文はこちらからどうぞ
文字をクリックするとご注文サイトにリンクします。

川と柚乃香 - コピー





調味料通販ランキング

調味料通販ランキング



地方特産物【九州】



mini_c.gif
バイヤーズショップ







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村