柚太朗は英彦山なう!

山と川に囲まれた福岡の自然の中で暮らしている柚子胡椒屋の嫁です♪英彦山や筑豊のこと、ゆずごしょうのことを中心に紹介してています。

10月に入ったものの、残暑が続き、

おととい英彦山のふもとから、5分降りたところの

気温計が31度に表示されていました。

いったいどうなっているの???と思ったら

今日は涼しくなりました。





きょうは、7月にももさんに連れて行ってもらった

お店を紹介したいと思います。




京都郡(みやこぐん)みやこ町犀川(さいがわ)の

「フルーツ工房 えふ」さんです。



エフ2

みやこ町とういうと、遠い、、、イメージがあったけど

大任町の道の駅で待ち合わせして、そこから7~8分だったっけ?

私は、ももさんの横でボーっと助手席に座っているだけ




もとは、30年前に果実園から始まり、

今は食事ができるスペースをれているそうです。



この日もお客さんでかなりいっぱい、

そのうち、ほとんどが女性客でした。



エフ1エフ3


前菜とメインのビーフシチュー


エフ4

デザート




他にもメニューがさまざまありました。

デザートやスイーツは、果樹園で採れた

季節のフルーツがふんだんに使われているようです。



夏の鮮やかな緑と澄んだ空気の中で

美味しい料理を楽しめるところでしたよ。


時間がすぐ過ぎてしまいました。



「フルーツ工房 えふ 松木果樹園」










柚乃香商品のご注文はこちらからどうぞ
文字をクリックするとご注文サイトにリンクします。

川と柚乃香 - コピー





調味料通販ランキング

調味料通販ランキング



地方特産物【九州】



mini_c.gif
バイヤーズショップ







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
中高学生の頃、好きだった漫画家

陸奥A子さん。

「りぼん」という雑誌に作品が載っていました。

ムツ2

去年の暮れ、ベストセレクションが出されているのを知り

取り寄せて読みました。

人気ブロガー、カータンさんの言葉を借りれば

「女の古(おんなのこ)」となった今ですがw

何十年ぶりの世界、その頃の思い出もあわせて

よみがえりました。



そうしていたら、北九州市漫画ミュージアム

「陸奥A子×少女ふろく展」企画展が、行なわれると

ムツ1

これは、行くしかない!

やっぱり陸奥A子さんが好きな、

おさななじみのももさんと行ってきました。





漫画の原画やふろくが、多く展示されていました。

ムツ3

↑漫画の一ページを再現したコーナー (撮影可)





この日は、門司港まで足を伸ばしてみました。

モジコウ

お天気にも恵まれ、海の風がさわやかでした。

門司のキャラクター、じーもくんが。

かなり大きくなって目立っていました。




港でおこなわれていた骨董市や

かわいい雑貨屋さんをのぞいたりしました。



ヤキカレー

そして、門司港名物「焼きカレー」を食べました

焼きカレー屋さんが、何軒もあるんですが

伽哩本舗(カリイホンポ)で、食べました。



JR小倉駅の新幹線口側から出て、北九州漫画ミュージアムにむかって行くと

途中に、北九州ゆかりの松本零士さんの作品「銀河鉄道999」や

「宇宙海賊キャプテンハーロック」のアニメの像があります。


ムツ4

記念にパチリ 「銀河鉄道999」のメーテルと鉄郎の間、

ももさん(左)とわたし(右)


北九州市、ゆかりの漫画家さんは

陸奥A子さん、松本零士さん、わたせせいぞうさん、、、など

多くを輩出してきたらしいです。



現在、西日本新聞に、松本零士さんの半生を描いた

聞き書きシリーズが掲載されていて、おもしろいです。

ちょうど今、松本さんが高校卒業後

一家を支える為、北九州から上京し描かれているところで

毎日つづきが楽しみです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村




柚 乃 香 本 舗 (ゆずのかおりほんぽ)

 電話 (0947)85-0870
 ファックス(0947)85-0876
 ホームページ 九州英彦山 柚乃香本舗
e-mail






 


週末に、長崎ランタンフェステバルに行って来ました


もとは、長崎新地中華街の人たちが、中国の旧正月(春節)を祝う行事だったもので

今では、すっかり長崎の風物詩となったようです。


15日間、長崎の街の中、ランタン(中国提灯)やオブジェが飾られています。

一月の終わりぐらいから、高速道路の長崎道のサービスエリアや

長崎バイパスの入り口にも、ランタンが飾られ始めます。



JR諫早駅近くにホテルを取っていたので、特急電車で長崎駅まで行きました。

市内の道路は、「混雑の為、マイカー自粛して下さい。」と

表示されていました。


s-2016ランタン9

長崎駅前の広場に、亀?蛇?龍?のオブジェがありました。



s-オタクサ

そして路面電車に乗って、会場の方まで移動しました。

これは、電車の側面の「お菓子 おたくさ」の広告です。

あじさいを模した焼き菓子です。



長崎に来ていたシーボルトが愛した女性「お滝さん」の名前を

あじさいに名づけたことから由来しています。

「おたきさん」のことを「おたくさ」と発音してたと

記憶しています。


s-2016ランタン8

手前で降りて、10分ほど歩き、「長崎新地中華街」に着きました。

s-2016ランタン10

ここにも大きなオブジェがありました。


s-2016ランタン7

ランタンがたくさん下がっています。

かなりの人の多さです。



まだ、夜になるには時間があるので

先に食事に行きました。


s-2016シアンバシ1

「思案橋ラーメン」

行列が出来ていました。並んでいる人は女性率が高い。

なぜかというとここは、昨年結婚されましたが

福山雅治さんがイチオシのお店なんです。



s-2016シアンバシ4

「長崎新聞 号外 25周年稲佐山ライブ」の記事が

お店に貼られてました。


s-2016シアンバシ2

福山さんのサインありました。

(お店の人から撮影許可頂きました。)


他にも大河ドラマ「龍馬伝」に出演していた香川照之さん、要潤さん

また、ホンジャマカの石塚さん、中村七之助さん、有名人のサインが

並んでいました。


s-2016シアンバシ3

ちゃんぽん頼みました。

あっさりめで食べやすかったです。

牡蠣が入ってました。



s-2016ランタン4

食べて外に出ると、あたりが暗くなって

提灯の灯りが闇夜に浮かんでいました。

s-2016ランタン2

全部で約1万5000個の極彩色のランタンで彩られるそうです。


s-2016ランタン6

オブジェも提灯になっています。

s-2016ランタン5

これは、有名な眼鏡橋です。

昼間とは、また違って見えました。

s-2016ランタン1

干支、三国志、八仙、鯉、金魚など

どれも見事でした。


途中から雷が鳴り、大雨になりました。

二胡の演奏や中国獅子舞を見たいと思っていましたが

この日は、天候で中止になったのも多かったようです。

お祭り期間中、他にも皇帝パレードや雑技団、太極拳の催しなど

おこなわれています。


でも、たくさんのランタンの景色の中を歩くだけで

充分に楽しめました。



長崎三大祭は、「帆船祭り」と今回「ランタンフェステバル」に行ったので

あとは、長崎くんちに行ったら、三つとも制覇になりますが

出来るかな、、、


「長崎ランタンフェティバル」

2月22日(月)まで開催予定。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村



柚 乃 香 本 舗 (ゆずのかおりほんぽ)

 電話 (0947)85-0870
 ファックス(0947)85-0876
 e-mail : yuzutaro@ari.bbiq.jp










先週、K子さんに東峰村のお店に連れて行ってもらいました。

ここで、お昼ご飯を食べました。

s-ジューンベリー1

カフェ 「June Berry」

この辺りはよく通っていて、お店の看板を見かけていましたが

入るのは、初めてです。


営業時間の終了が「日暮れ」となっている

ゆるい感じいいな!


s-ジューンベリー2

田んぼの中の道を入っていきました。

s-ジューンベリー3

Kさんが予約してくれてたので

庭がいちばんよく見える特等席でした!!


s-ジューンベリー8s-ジューンベリー9

池もあり、睡蓮が咲いていました。


s-ジューンベリー4

庭に出られるように、スリッパが置かれている心遣い。

s-ジューンベリー7

アンティークのものかな?

s-ジューンベリー21

きれいなドライフラワーが下がっています。

s-ジューン5

とにかく、どこを見ても、かわいい!おしゃれ!!


s-ジューンベリー

こういうグリーンの飾り方、真似したい。

参考になります。


s-ジューンベリー19

「バニー二(イタリア風ホットサンド)」+紅茶、デザート付きを注文しました。

具の中に、ジューシーな鶏肉とピクルス?と

きんぴらごぼうが入ってて、おいしかった♪


s-ジューンベリー12

デザートで~す。


でも、しばらくしゃべってて、まだお腹に入るので

また違うデザートとコーヒーを注文しましたw

s-ジューンベリー15

チーズケーキとフルーツでした。

鶏を三十羽ほど飼われていて、産んだ卵の使用だそうです。


s-ジューンベリー16

コーヒーのカップは小石原焼きでした。

味があるな~。

チーズケーキのデザートのお皿も同じところの

窯元だそうです。


s-ジューンベリー14

猫を五匹、飼っているそうで

このにゃんこさんが、人懐っこくて、店内のお客さんまわりをし

まるで接待しているかのようでした。


s-ジューンベリー18 - コピー

さて帰ろうか、と思った時に

鶏が、ひよこを連れて出てきたので、さっきのスリッパを

履いて、見にいきました。


オーナーのご主人に、

「庭の風景が、まるでイギリスみたいですね」といったら

「そうですか? 私、イギリス行ったことないです。」と言われ

私も「実は私も行ったことない。けどそう思います。」と言いました。


イギリスの片田舎の様子を

テレビや写真とか見て、お店の雰囲気ひっくるめて

そんな気がしたのでした。


ロケーションとお店のディスプレイにお料理

どれも、感動して帰りました。





「June Berry」

駐車場: 7台(無料)

営業時間 : 11:00~日暮れ頃

定休日: 火曜日、水曜日(祭日は営業)、臨時休業あり

: 〒838-1602 福岡県東峰村大字小石原鼓3964-1 

アク セス : 国道211号塔の元交差点から約1km   お店の地図を見る

: 0946-72-2566(お問い合わせは東峰見聞録を見たとお伝えするとスムーズです。)

詳しくはここへ
  ↓
「June berry」



昨日、リバーウォーク北九州にある北九州市立美術館分館へ行きました。

『トーベ・ヤンソン展 ~ムーミンと生きる~』

s-ヤンソンテン3

「ムーミン」シリーズの作者として知られる

トーベ・ヤンソン生誕100周年を記念し、日本に巡回しています。

どんちゃんママさんが行かれていて

私も早く行きたいと、ワクワクしていました


s-ヤンソンテン2

フォトコーナーでは、ムーミンの仲間に

変身出来る小物が揃っていました。

s-ヤンソンテン1

この前で、変身した小学生くらいの男の子の兄弟を

お母さんが写真を撮っていて、ほほえましかったです。


s-ヤンソンナツノイエ1

ヤンソンが三十年間、毎年夏に過した

クルーヴ島の夏の家が、再現されていました。

(ここは、撮影OKでした。)


s-ヤンソンナツノイエ2

マリメッコのテーブルクロスも再現され

かわいいお家でした。


トーべ・ヤンソンは、日本では、ムーミンの生みの親としておなじみですが

画家、小説家、ファンタジー作家、児童文学作家でもあり

本国フィンランドでは画家としての評価も高く、

小児科の病院など、公共建築の壁画など多く作品を残していることを

知りました。






昨日は、ヤンソン展を見る前に

ずっと前の職場の時の先輩になるKさんが

近くに住んでいるので、待ち合わせしてランチに行きました。

商店街の中の「花わさび」という店に

連れて行ってもらいました。


s-ハナワサビ2

私は、「コロッケとえびフライの柚ごしょうタルタルソース」というのを

食べました。


s-ハナワサビ1

Kさんのハンバーグもおいしそうでした。




その後、リバーウォークでお茶をして

別れました。

四時間くらい一緒にいたのですが

昔話から近況の事、おしゃべりが尽きず

30分くらいに感じました。



s-ムラサキガワ2015

(*円内は、小倉城です。)

実は、小倉の街の中の一人歩きが初めてで

少し緊張しましたが、紫川に沿って

列車の走っている方向を目指したら

迷わずに小倉駅に行くことが、できました。


s-シロヤパン1

小倉の有名なパン屋、 「シロヤ」さん。

最近、ついに博多駅にも出店しました。


s-シロヤパン2

ここのパンは、安く懐かしいおいしさで

いつ来ても繁盛してます。

迷わず、買って帰りました。





s-ムーミングッズ

ムーミングッズは、ヤンソン展でたくさん販売されていました。


箸置き、缶入りビスケット

自分用には、MOEのバックナンバーの「ムーミン特集号」を

(シールと手帳のふろく有り)買って帰りました。



今日(6月7日)は、ムーミンの着ぐるみも来ていたみたい。

色使いがきれいで、見てるだけでなごむムーミンと仲間たち

これからも、ずっと愛され続けるのでしょうね。