FC2ブログ

柚太朗は英彦山なう!

山伏の歴史ある英彦山のふもと、彦山清流のほとりの柚子胡椒屋です♪郷土の歴史や柚子胡椒のことをつづっていきます。。


北九州市の小倉南区に「隠蓑」(かくれみの)

という地名があります。






先々月、小倉の叔父のお見舞いに行く時に

寄り道してみました。







アントク1



九州自動車道、高速道路の高架下に

地名と同じ、「隠蓑」と呼ばれる場所もあります。



隠蓑→隠れ蓑、なんとも何かありそうな。



アントク3










ここは、下関(山口県)の壇ノ浦の戦いで

平家氏側の安徳天皇が逃げて来た場所と言われています。










アントク2


はい、ここで記念撮影!

木がうっそうとしてて、隠れやすい場所だったのかも。









安徳天皇は、壇ノ浦の戦いにおいて、わずか数え8歳(満6歳4ヶ月)、

平清盛の娘の徳子が母で、お母さんの実家に預けられていました。

(その頃、そういう風習があった)







詳しくは、下の記事 過去ブログ (2013.6.6)

     ↓ 

「山口県への旅」




アカマジングウ2 - コピー

2013.6月撮影







天皇は、入水する時

「竜宮城へ行きましょう」と促され海に入ったと言われています。





それで、天皇の霊を慰めるために建立された

下関の赤間神宮は、竜宮城を模して造られています。






壇ノ浦の戦いにおいて、御付の人と入水して

海で亡くなったと言われていますが

九州各地、この小倉以外でも熊本、鹿児島、長崎へ逃げ

生き延びたという説もあります。





先々月、歴史に詳しい福岡市の大川さんの説によると

最終的に沖縄へ逃げたと聞きました。







アントク5




この小倉の地は、一時的に隠れていた場所かもしれない。









アントク7




安徳天皇お手植えと伝わる木斛(もっこく)樹が

800年の寿命を終えたと時の、平成14年に作られた石碑。

幹がご神木になっていました。





アントク4

安徳天皇御陵と書かれています。








アントク10



全体の様子








アントク9



はっ!! 豊前坊さま!とは!?


豊前坊とは英彦山にある神社です。









アントク8



壇之浦の合戦で源氏に敗北した平家は、

その時「幼帝(安徳天皇)は、二位尼に抱かれて入水された」と偽り、

安徳天皇と平家一門は、ひそかに九州に上陸しました。





豊前国規矩郡長野(現・北九州市小倉南区長野)の領主である長野氏に

数ヶ月、かくまわれていたのですが、

その後、城主が亡くなったので英彦山に向って城を出られたそうです。




横代を通り隠蓑(当時は城野村)まで来られた時、

庵寺の屋根葺替えの最中で、源氏の追手が追ってくるのを知った村人は

同情申し上げ有り合せの茅や藁などの蓑を持って天皇を隠しました。





上から藁しび等を着せかけ気付かれぬようにし、

それにより天皇御一行は逃れることができたといわれているそうです。




安徳天皇一行は、英彦山に行こうとしていた、

御陵とは、お墓という意味なので、この地で亡くなったのか

壇ノ浦の入水と同じく、それは源氏に対することで

その後、また別の地に逃げたのかもしれない。






御陵と書かれているものの

大きな看板には、崩御や同じ意味する言葉は書かれていませんでした。






英彦山は、天皇家の座主が中心の古来より治外法権の

場所だったので、戦国時代には

乳母と抱かれ逃げて来た城主の赤ちゃんもいて

安徳天皇が英彦山を目指したのも納得します。



でも結局、安徳天皇一同は

英彦山には向かえなかったので

英彦山の豊前坊様を御陵の横に

祀っているのではないかと思いました。




毎年、12月15日には「しびきせ祭」というのが

行われています。

安徳天皇を偲び、農村の収穫儀礼行事と併せて行われます。

神社の神職が天皇役の乳児の頭上に「しび」(わらの外側の葉)やわらをかけ、

幼帝をしのびつつ、住民の無病息災を祈り

子どもたちがお互いにワラをかぶせ合うそうです。


















柚乃香商品のご注文はこちらからどうぞ
文字をクリックするとご注文サイトにリンクします。

川と柚乃香 - コピー





調味料通販ランキング

調味料通販ランキング















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村







にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
コメント

えーーーー!
知らなかったなぁー。
てっきり壇ノ浦の戦いで入水されたとばかり思ってましたよー。
2018/09/10(月) 09:41:33 | URL | onorinbeck #- [ 編集 ]
onorinbeck さまへ
歴史的には壇ノ浦で入水ですもんのね。

大河ドラマでもそのシーンがあったし
実際に赤間神宮ではその魂を祀られて
いるし。
各地に生き延びたまことしやかな説があって
そういうのは歴史の醍醐味ですね~~♪
2018/09/11(火) 10:28:05 | URL | ゆず #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://hikosannyuzu.blog41.fc2.com/tb.php/1143-84dc1925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック